ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

キンドル電子書籍『社長、御社の税金は半分にできる! (あさ出版電子書籍)』を12月22日にリリース

キンドル電子書籍『社長、御社の税金は半分にできる! (あさ出版電子書籍)』を12月22日にリリース

 

会社の利益を上げる為に、今できること! 今すべきこと! 

 

・課税されない支給を増やす 

・所得を分散し、複数法人化する 

・会社を辞めずに退職金を受け取る 

 

■社長、御社の税金は半分にできる! (あさ出版電子書籍)

http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00FJXGHIW

■社長、御社の税金は半分にできる! (アマゾン)

http://www.amazon.co.jp/dp/4860635043

■株式会社あさ出版

http://www.asa21.com

 

組み合わせで1,000万円以上節税できる! 

「元国税調査官が教える 

すべて合法な節税法」 

 

「税務調査で勝つための方法」も掲載! 

 

◆担当編集者のコメント 

 社長、あなたは税金、払いすぎです! 

 ほとんどの社長は、税金を払いすぎています。 

 少しの知識と準備さえあれば、すぐにでも税金を減らすことができ、経営を楽にすることができます。 

 税金を下げる具体的な方法のほか、元国税調査官にして、全国4,000人以上の税理士に講演。「税務調査に強い税理士」を育成している著者が、多くの人が不満を持っている税理士に「きちんと働いてもらう方法」も解説。 

 元国税調査官だから書ける「税務調査で勝つ方法」も掲載。税務調査も怖くない! 

 

◆著者のコメント 

 私が国税調査官をしていて学んだのは「税金は知らないだけで損をするもの」という事実です。 

 何も悪いことをしていなくても、税務調査では追徴で課税されてしまうのです。 

 税金の正しい知識と手順がわかれば、節税できます。 

 この本の題名どおり、「税金を半分にする」ことも、それほど難しくありません。 

 やろうと思えば、半分以下にもできてしまいます。 

 経営は、常にリスクと隣り合わせです。いつ起こるかわからない、多くのリスクに立ち向かうために大事なのは「コントロールできるものは、最大限コントロールする」ことです。 

 税金は、実はかなりコントロールが可能なものです。 

 余計な税金を減らし、将来に向けた投資や、まさかの事態に備えて会社にお金を残しておく。そうすることで「強い会社」になることができるのです。 

 本書には税金を減らすシミュレーションも載せていますが、税理士にその方法をNOと言われたり、国税調査官に否認されてしまっては意味がありません。 

 本書では、私の税理士指導と元国税調査官の経験を活かした、現実的な「税理士を動かす方法」と「否認されない方法」もお伝えします。 

 

◆著者はこんな人 

 久保憂希也 

 株式会社InspireConsulting・株式会社クラウドリィ代表取締役社長。 

 1977年 和歌山県和歌山市生まれ。 

 1995年 慶應義塾大学経済学部入学。 

 2001年 国税庁入庁。東京国税局へ配属になり税務調査を担当。 

 2005年 東証一部上場企業に入社。在籍した4年弱の間に13のプロジェクトを成し遂げる。 

 2007年にはグループ会社全体の営業利益の3分の1(約63億円)を計上する子会社の取締役に就任。 

 2008年経営全般に関するコンサルティングを行う株式会社InspireConsultingを設立。代表取締役に。 

 クライアントは、システム開発業社、建築設計業社、飲食業社、輸出入業社他、多数。 

 講師をするセミナーは年間50回以上。 

著書に『経理以外の人のための日本一やさしくて使える会計の本』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『文系ビジネスマンでもわかる数字力の教科書』(大和書房)、『「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく』(中経出版)など。 

 

 

■目次 

 

はじめに  

 

●第1章 社長が知るべき税金の知識 

・なぜ税金を払いたくないのか?  

・「税金を払いたくない」行動経済学的根拠 

・社長が税金を払いたくないと思うのは、至極まっとうな考え 

・社長が知るべき「税法」の知識 

・税法の膨大なグレーゾーン 

・税務署は勝手に課税できない 

・社長が知るべき法人税の「考え方」 

・税法はかなり合理的にできている 

・「利益調整」は絶対に許されない! 

・税法には現実にそぐわない箇所もある  

・明らかな経費も、認められない!! 

・なぜ、事実が同じでも経費になったりならなかったりするのか? 

 

●第2章 今すぐできる! 税金カット術 

・節税の前に、するべきことがある 

・「節税」以前の「税金カット」をしよう 

・CAはなぜ、お金持ちなのか? 

・税金カットのカギは「税金がかからない支給」 

・社員の手取りを変えずに給与を減らす 

・給与を減らして手取りを増やすことも可能 

・日当はいくら支給できるのか? 

・どれだけ経費を増やせるか 

・いくつかある「課税されない支払い」 

・社員旅行はどこまでぜいたくが許される? 

・借上げ社宅で社員満足度もアップ 

・「事業に関連する」なら全部経費にできる 

・キャバクラ代も、ポルシェも経費になる! 

・最後に「経費」を、本当にわかっていますか? 

 

●第3章 節税の基本パターン3つと、否認されないポイント 

・「節税」は1つではない! 

・節税を分類する3つの種類 

・まずは「根本的な節税」を考える 

・会社を辞めなくても退職金を支給できる!! 

・せっかくの節税案を否認されないために 

・税金を減らすシミュレーション 

 

●第4章 税金を取り巻く人々を知る 

・税理士は会社の味方じゃない!! 

・多くの社長は「税理士に不満」 

・社長の知らない税理士の本音 

・えっ、こんな人が税理士になるの!! 

・「税理士の仕事」とは? 

国税調査官ってどんな人? 

国税調査官の多くは簿記も知らない 

国税調査官は「営業マン」 

国税調査官は〇〇したいだけ 

国税調査官は税務調査で何を見ているのか 

 

●第5章 税金を取り巻く人たちには、こう接しよう 

・「税理士との付き合い方」を見直そう  

・不満があるなら、替えることを考える 

・税理士を新たに選ぶとき、気をつけること 

・「税金のセカンドオピニオン」を活用しよう 

・税理士に「働いてもらう」ために 

・税理士が働くようになる! 4つのポイント 

・節税案を実行してもらいたいときは 

・最後の手段、本当に税理士を替えるための決めゼリフ 

・税務調査では絶対に勝て! 

・まずは税務調査の「意義」を知ろう 

・「税務調査が怖い」理由 

・「節税に強い税理士」はいない 

・「税務調査で勝てる税理士」を選べ! 

・「勝つための税務調査対応」Q&A 

・必要なのは、正しい知識と適切な対処法 

・税務調査で負けないためには…… 

・おわりに 

 

■著者 久保憂希也

 

■社長、御社の税金は半分にできる! (あさ出版電子書籍)

http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00FJXGHIW

■社長、御社の税金は半分にできる! (アマゾン)

http://www.amazon.co.jp/dp/4860635043

■株式会社あさ出版

http://www.asa21.com

f:id:bookebook:20131225035816j:plain