ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

キンドル電子書籍『新堂冬樹の女の取扱説明書(あさ出版電子書籍)』を12月22日にリリース

キンドル電子書籍新堂冬樹の女の取扱説明書(あさ出版電子書籍)』を12月22日にリリース

 

男と女の思考の違いを理解できていない人は、 

ぜひお読みください! 

違いが理解できければ「モテる男」には近づくことはできません。 

女の思考が理解できれば、後は女によって合わせればいいだけのこと。 

 

新堂冬樹の女の取扱説明書(あさ出版電子書籍)

http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00FBDCB7Q

新堂冬樹の女の取扱説明書(アマゾン)

http://www.amazon.co.jp/dp/4860634381

■株式会社あさ出版

http://www.asa21.com

 

デキる男は女の扱いがうまい! 

男性が女性に嫌われないルール、信頼されるコツ、 

そして、女を味方にするテクニックまで 

タイプ別・女の取扱マニュアル15付き! 

 

◆担当編集者のコメント 

 「成功したければ、いい女をつくればいい――」 

 本書の著者、新堂冬樹さんからこの言葉を聞いた時、なるほど…と思わずうなってしまいました。 

  たいていの女性がどこかしら「いい女」の部分を持っている。その「いい女」の部分を、自分の前でだしてもらえるようにすれば、つまり、そういう男になれば、お互いにとってよい環境が生まれる、と新堂さんはおっしゃいます。

  実際、「いい女」とまではいかなくても、ちゃんとしなければと思う男性の前では、ちゃんと敬意を持って接しますし、できることはきちんとします。しかし、どうでもいい(どう思われても支障はない、相手に何も感じない)と思う男性の前だと、意図せず力を抜いていますし、心配り、気遣いも抜けています(旦那の前ではジャージでポテチとか…)。 

  これでは、いい仕事、いい家庭、いい関係など、築けるわけありません。 

 女性とうまくやっていきたい皆さん、必読です! 

 女性を上手に取り扱って、素敵な日々を手に入れましょう。 

 

◆著者のコメント 

  誤解を恐れずに言うと、成功している男性は、女性の取り扱い方がうまい。 

  これまで、数々の成功者と会う機会があったが、皆、相手女性の立場を慮り、相手の心中を察し、相手を立て、活かし、お互いにとって、いい関係を築いている。 

  女性の取り扱いがうまいと、恋愛面でも魅力的な女性に惚れられるし、家庭面でも円満な状態を維持できる。さらに、ビジネスでも女性の協力を得られるので、サクセスロードを順当に駆けあがっていくことができる。 

  かくいう私も、作家をする以前、いろいろな仕事に従事してきたが、度々多くの女性に助けられてきた。女性とうまく付き合ってこられたことで、様々なものを手に入れることができた。 

  そう、男性が成功を持続させるための大きな力、それは「女性」であるのだ。 

  また、経済活動の多くを女性が担うようになった現代では、ビジネスにおいても、欠かせない存在となっている。 

  男性では到底気がつかないような女性ならではの視点、発想、そして在り方――。 

  これらは、どうしたって男性が手に入れられるものではないため、力を借りるしかない。つまり、女性とうまく付き合うことによって、あなたの可能性は大きく広がっていく。 

  女性を扱うことができない=人生において大損になるのだ。 

  

  言い換えると、女性とうまく付き合えないのは、非常にもったいないということだ。 

  そこで、多くの男性が女性とうまく付き合い、いい女に囲まれ、よりよい日々を手に入れてもらいたいと思い、筆をとることにしたのが本書である。 

  今回、小説ではなく実用書という形にしたのは、私自身の言葉で伝えたい、と考えたからだ。作家として心理を研究し、芸能事務所社長として実践し、培ってきた「女性の上手な取り扱い方」、考え方から心構え、テクニックなどを、様々なシチュエーションで「男性が女性をうまく扱うためのカギ」、そして「いい女をつくるコツ」を記している。 

  女性の取り扱い方がうまくなりたい人、不得手な人はぜひ、参考にしていただきたい。 

  本書が、世の中の女性とうまく向き合い、あなた自身が高みに登っていける糧にしていただければ幸いだ。 

 

◆著者はこんな人 

 新堂冬樹(しんどう ふゆき) 

 コンサルタント業務を営む傍ら、執筆活動を開始。98年『血塗られた神話』で作家デビュー(第七回メフィスト賞を受賞)。『カリスマ』『無間地獄』など衝撃的な描写を含む小説を次々にヒットさせ、熱狂的な支持を受ける。2003年にはそれまでの作風と対極をなす純愛小説『忘れ雪』を刊行し、大ベストセラーを記録。その後も人間の本性をベースに、黒新堂と呼ばれるノワール作品および白新堂と呼ばれる感動的な文芸作品を描きわけ、世界にも類をみない独自の世界観を切り開き続けている。 

 また、07年に芸能プロダクション「新堂プロ」を設立。事務所社長として多くの女優、歌手、タレントの育成、プロデュースを行っている。 

 

 

 

■目次 

 

はじめに 

「いい女」と出会える男、出会えない男 

 

●第1章 女の「真実」を知る 

・男と女は違う 

・男の役割、女の役割 

・女性はみんなお姫様願望を持っている 

・女性は感情の生き物である 

・女性が求める男性像 

・「安心感」は女性の栄養剤 

・無償の愛とは 

・「新堂さんのために頑張る」 

・女は男の鏡 

【コラム】タイプ別・女の取扱マニュアル15 VOL1 

 

●第2章 女性ウケを高めるテクニック10 

・女性に受け入れられる男になる 

・逃げないで向かい合う 

・清潔感は徹底的に 

・キレない 

・屁理屈を言わない 

・ため息をつかない 

・上から目線にならない 

・悲劇のヒーローにならない 

・責任転嫁・開き直りをしない 

・ごまかさない 

・下品なことはしない 

【コラム】タイプ別・女の取扱マニュアル15 VOL2 

 

●第3章 女性から信頼されるテクニック10 

・女性に信頼される男になる 

・呼び方には気をつける 

・見え透いたウソはつかない 

・交換条件を設定しない 

・女性の第六感を侮らない 

・不満を読み取る 

・ワガママは受け止める 

・肩書を振りかざさない 

・素敵な世界へ連れ出す 

・叱る時は「相手のために」 

・女性の話を聞く 

【コラム】タイプ別・女の取扱マニュアル15 VOL3 

 

●第4章 女性を味方にするテクニック10 

・成功する男になる 

・女性のタイプを見極める 

・コメントを慎重に選ぶ 

・一つ上のリアクションを知る 

・変化を見逃さない 

・スキンシップは控えめに 

・棚に上げない 

・思い出を引っぱり出さない 

・悪口を言わない 

・無理に話を合わせない 

・キャラを偽ってはいけない 

・おわりに 

 

■著者 新堂冬樹

 

新堂冬樹の女の取扱説明書(あさ出版電子書籍)

http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00FBDCB7Q

新堂冬樹の女の取扱説明書(アマゾン)

http://www.amazon.co.jp/dp/4860634381

 

■株式会社あさ出版

http://www.asa21.com

f:id:bookebook:20131225152832j:plain