読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

キンドル電子書籍『あなたは間違っている (あさ出版電子書籍) 』を12月31日にリリース

f:id:bookebook:20131127115053j:plain

 

『常識』を疑うための哲学講義 

自分の常識と、他人の常識は全く違う!

あなたは間違っている (あさ出版電子書籍

 

■目次 

●第1章 ものの見方を疑う 

●第2章 仕事の常識を疑う 

●第3章 人間関係の常識を疑う 

●第4章 社会の常識を疑う 

●第5章 人生の常識を疑う 

 

■著者 小川仁志 

 

■あなたは間違っている (あさ出版電子書籍)

http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00HLLS5I0

■あなたは間違っている (アマゾン)

http://www.amazon.co.jp/dp/4860635574

 

 

◆担当編集者のコメント 

その昔、太陽が地球のまわりを 

回っているということは“常識"でした。 

誰もがそれを正しいと信じて疑わなかったのです。 

ところが今、こんなことを信じている人は誰もいません。 

「常識」は、一転して「非常識」になったのです。 

少し立ち止まって考えてみましょう。 

私たちが信じている「常識」は、本当に正しいのか――。 

 

・彼氏のケータイを見るのはホントにいけないこと? 

・「助け合う」のは当然? 

・やっぱりイケメンは得なのか? 

・男女の間に本当の愛はあるか? 

 

気鋭の哲学者が、日常に鋭く切り込み、 

誰もが信じている「常識」を覆します。 

自分の中に新しい思考回路をつくり出す1冊。 

 

◆著者のコメント 

 人は「常識」と呼ばれるものを無条件に信じてしまいがちです。 

「どうして?」「だって、そんなの常識じゃん!」というように。 

「常識」とは、それだけで絶対不動の根拠であるかのように思われているのです。 

 でも、どうしてそれが正しいと言い切れるのでしょうか? 

 そもそも「常識」とは、単に多くの人が抱いている共通認識にすぎません。 

 この共通認識は、時代や状況、場所によって変化します。 

 よく、外国に行くと、自分の国では考えられないような食習慣や商習慣に驚くことがありますが、それはそれぞれの共同体では、まったく別の「常識」が存在しているということなのです。そう考えると、何が正しくて何が間違っているのかも、よくわからなくなってきませんか? 

 

 本書では、哲学の視点から大いに「常識」を疑いました。 

 哲学は疑うことから始めて、真理に到達する営みです。そうしてみんなが信じている嘘を暴いていく行為です。 

 では、常識を徹底的に疑う旅に出発しましょう! 

 

◆著者はこんな人 

小川仁志(おがわ・ひとし) 

1970年京都市生まれ。哲学者。徳山工業高等専門学校准教授。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。京都大学法学部卒業後、伊藤忠商事に入社。その後、4年間のフリーター生活を経て、名古屋市役所に入庁する。市役所勤務の傍ら、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士号(人間文化)取得。商店街で誰でも参加できる「哲学カフェ」を主宰するなど、専門の「公共哲学」の実践に努めている。 

主な著書に『はじめての政治哲学――「正しさ」をめぐる23の問い』(講談社現代新書)、 『すっきりわかる! 超訳「哲学用語」事典』(PHP研究所)、 『人生が変わる哲学の教室』(中経出版)、『哲学カフェ!』(祥伝社黄金文庫)『日本の問題を哲学で解決する12章』(星海社新書)などがある。 

 

■あなたは間違っている (あさ出版電子書籍)

http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00HLLS5I0

■あなたは間違っている (アマゾン)

http://www.amazon.co.jp/dp/4860635574

■株式会社あさ出版

http://www.asa21.com

■あさ出版 新作書籍

★奇跡の職場 新幹線清掃チームの働く誇り

http://www.amazon.co.jp/dp/4860636570

★日本でいちばん大切にしたい会社4

http://www.amazon.co.jp/dp/4860636511

★アタマがみるみるシャープになる!! 脳の強化書

http://www.amazon.co.jp/dp/4860633520