読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

現在4冠達成中■アマゾン・キンドル電子書籍■頑張らない基礎英語 西澤ロイ■あさ出版■8月14日

☆★ 現在4冠達成中 アマゾン・キンドル電子書籍 ★☆

―――■ 

f:id:bookebook:20150814040715j:plain


http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00WQ0DHFC

13位 ─ Kindleストア 有料総合ランキング
 1位 ─ 本 > 人文・思想 > 教育学 > 一般
 1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 人文・思想 > 教育学
 1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > 教育・学参・受験
 1位 ─ 先行・限定タイトル


「長年の英語の疑問が解消した」など、
多くの感動や喜びの声を集めたベストセラー『頑張らない英語学習法』。
「この内容を、中学生のときに知りたかった……」という
声多数のベストセラー『頑張らない英文法』
「頑張らない」シリーズの第3弾が刊行されました。

 元々英語の落ちこぼれから、TOEIC満点を取るまでに至り、
現在は「日本人が英語を話せない事態をなくす」ための活動をしている著者が教える
「暗記しない」「納得して理解する」英語の基礎を固めるメソッドがこの1冊に。


★頑張らない基礎英語 西澤ロイ 
 キンドル電子書籍
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00WQ0DHFC


◆著者のコメント
本書では、「時制」にまつわる様々な表現について解説しています。
時制は、英語の理解を深めたり、表現力をつけたりするためには必須のものです。
単に「する」「した」というのではなく、
「できる」「している」「したことがある」「しなければならない」
「するかもしれない」「ずっとしている」etc……。

中学英語で習う「基礎」ではありますが、こういった表現が使えなかったら、
言語は「カタコト」の味気ないものとなってしまいます。

 現在進行形、命令形、助動詞、to不定詞、現在完了形……こういった名前を聞くだけで、
難しそうだと思ってしまうかもしれません。
しかし、繰り返しますがそれは「勘違い」なのです。
難しく感じるとしたら、実は「難しく考えてしまっている」だけなのです。

 英語はそもそも、誰でも理解できるシンプルなものです。
あなたに理解できないはずがありません。
ぜひ、時制という英語の大事な基礎を、
「感じる」ことによりしっかりと理解することで、
自信を持って使いこなせる英語力を身につけていただければと思います。


★頑張らない基礎英語 西澤ロイ 
 キンドル電子書籍
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00WQ0DHFC


■目次

・Chapter1 様々な時制表現を捉えなおす

・Chapter2 時制表現の総仕上げ

・Chapter3 複雑に思える文法も感覚的に理解しよう


■著者 西澤ロイ(にしざわ・ろい)
 納得!!英語学習カウンセラー。「英語の上達法」「英語の考え方」の専門家
 1977年北海道生まれ。獨協大学英語学科卒業。
 アメリカのジョージア州に1年間の留学経験あり。
 英語が大の苦手な状態から試行錯誤の末にTOEIC満点まで上達した経験を元に、言語学や脳科学、心理学といった専門知識などを組み合わせて英語の指導を行っている。
 TOEIC満点(990点)、TOEFL(PBT)613点、英検4級。
 「英語感覚」や「英語の考え方」を分かりやすく日本語で伝えるスキルには定評があり、「長年の疑問がすっきり解消した!」「そんな風に英語を捉えたことがなかった」「目からウロコ!」という多くの感動や喜びの声が寄せられている。
 著書に『頑張らない英語学習法』『頑張らない英文法』(あさ出版)、『英語を「続ける」技術』(かんき出版)がある。

★頑張らない基礎英語 西澤ロイ 
 キンドル電子書籍
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00WQ0DHFC