読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

キンドル電子書籍『「孫子の兵法」がわかる本』著者守屋洋が、2月1日にカテゴリー中国哲学にて1位を獲得

キンドル電子書籍『「孫子の兵法」がわかる本』著者守屋洋が、2月1日にカテゴリー中国哲学にて1位を獲得

f:id:bookebook:20160202235529j:plain


三国志』の英雄、曹操諸葛孔明、「風林火山」の武田信玄
そして、皇帝ナポレオン―百戦錬磨の名将たちが座右の書とした『孫子』とは?

現代にも通じる深い人間心理の洞察と勝ち残りの戦略。

そのエッセンスを説く「孫子の兵法」入門。


キンドル電子書籍『「孫子の兵法」がわかる本』著者守屋洋
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00GMAT4FE


■目次

はじめに
──兵法を超えた人生戦略の書

●序章『孫子』 を学んだ男の強さ
・謎めいた『孫子』の作者──恐るべき孫武という男
・「孫子の兵法」が説く、勝敗の原理・原則
諸葛孔明武田信玄・ナポレオン……大人物の「座右の書」
・人間心理の深い洞察から生まれた「最高の知恵」

●第一章 【始計篇】 勝者と敗者を分ける、六つの分岐点
・名将・勇将ほど、事にあたって慎重になる
・勝算を読むカギは「道・天・地・将・法」にあり
・部下が心服するリーダー「五つの条件」
・いかにして敵を油断させ、判断をまどわすか
・相手の意表をつく、この技を知っているか
・あえて後に退く「勇気」があるか

●第二章 【作戦篇】 「勝負の見切り」をどこでつけるか?
・なぜ長期戦は避けなければならないのか
・どんな名将もここを押さえられなければ命取り
・致命的な痛手をこうむって勝つより、余力を残して負けよ

●第三章 【謀攻篇】 「賢明な勝ち方」とは? 「利口な敗北」とは?
・賢明な勝ち方とは、敵を徹底的に痛めつけないことである
・なぜみじめな勝利よりも“利口な敗北”のほうがいいのか?
・戦わずに勝つ「頭の使い方」
・“孫子の粘り腰”──逆転勝利をつかむための兵法
・有能なリーダーより、有能な人材を使いこなすリーダーたれ
・勝つための必須「五条件」
・「相手を読み、自分を知る」目をくもらせるもの

●第四章 【軍形篇】 勝利を引き寄せる態勢のととのえ方
・敵を「くずす」より「くずれるのを待つ」戦法
・勝算が薄いときの「絶対に負けない守り」
・「がむしゃらに頑張る」のは計画に無理があるだけだ
・戦う「態勢」ですでに勝負はついている

●第五章 【兵勢篇】 「勝負の流れ」にどう乗るか
・勝負の決め手は指揮命令という「組織の背骨」にある!
・「定石」と「応用」を自在に組み合わせる
・難局にも動じない三つの備え
・相手を「動かざるをえない情況」にする
・一の力を二にも三にもする「勢い」をつくれ

●第六章 【虚実篇】 相手の隙をつき、主導権を握る
・相手の戦意をなくす、こんな戦い方
・人のやらないことをやれば「労少なくして功多し」
・どんな強大な相手にもアキレス腱はある
・敵の「痛い所」をつく法
・相手の力を分散させ、味方の力を集中せよ
・相手に読まれず、相手を読む術
・敵に応じて変化する「水の戦法」

●第七章 【軍争篇】 この“駆け引き”のできる者が勝つ
・相手を油断させて一気にたたく
・自分に有利な情況におびき出す
武田信玄が「風林火山」から学んだもの
・「気力」は最もこわい戦力になる
・「無理をしないで待つ」者が勝つ
・相手を窮地に追い込んでも、必ず逃げ道を開けておけ

●第八章 【九変篇】 “通ってはならない道”“攻めてはならない城”
・臨機応変を知らなければ、理論は生かせない
・利益のなかに損失を見いだし、損失のなかに利益を見いだす
・「運を天にまかせる」前にやっておくべきこと
・自分が必死になるな、部下を必死にさせよ

●第九章 【行軍篇】 敵情を読み、人心をつかむ
・押そうとするならまず引け、引こうとするならまず押せ
・重みのあるリーダーはどうすれば生まれるか
・賞罰を多用するのは行きづまっているしるしである
・「兵の数」はあてにならない
・「ピンチを脱した」と思ったときがいちばん危ない
・部下の統率には「厳」で臨み「仁」で補う

●第十章 【地形篇】 “自分の立場”を検討せよ!
・責任感が大きい人ほど権限も大きくなる
・謙虚な人に信頼も支持も集まる
・「やる気」を引き出す心理術
・自分の力・立場・タイミングをはかっているか

●第十一章 【九地篇】 窮地でこそ活路は開ける
・どんな劣勢でも相手の「泣きどころ」をつくチャンスはある
・迅速であればあるほど作戦は成功しやすい
・一枚岩の硬さより、しぶとい蛇の強さを持て
・「呉越同舟」から団結と死力が生まれる
・才知を表に出さず暗愚に徹する
・窮地でこそ活路が開ける「背水の陣」
・「はじめは処女のごとく、のちには脱兎のごとく」

●第十二章 【火攻篇】 “一時の怒り”は墓穴を掘る!
・方向のちがう努力は必ず無駄になる
・ただ一時の「感情」がすべての判断を狂わす
・「好機」が来るまでじっと待て

●第十三章 【用間篇】 最後の決め手はこの情報力にある!
・情報を制する者が勝利を制する
・ライバルの情報員を逆利用する
・情報収集に必要な細心の心くばり

■著者 守屋 洋


キンドル電子書籍『「孫子の兵法」がわかる本』著者守屋洋
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00GMAT4FE

f:id:bookebook:20160202235529j:plain