ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方: ―――セブンイレブンがなぜダントツなのか理由がわかる本』著者伊敷豊(こう書房)をキンドル電子書籍ストアにて値下げ

鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方: ―――セブンイレブンがなぜダントツなのか理由がわかる本』著者伊敷豊(こう書房)を、4月7日~4月17日まで鈴木敏文会長、長年お疲れ様でしたキャンペーンとしてキンドル電子書籍ストアにて値下げ

f:id:bookebook:20160408205524j:plain

開始。

 

★『鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方: ―――セブンイレブンがなぜダントツなのか理由がわかる本』著者伊敷豊(こう書房)キンドル電子書籍
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01AV06RGE

★アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4769611463

鈴木敏文会長長年お疲れさまでしたキャンペーン
4月7日~4月17日まで。
セブン&アイ・ホールディングスの総帥・鈴木敏文氏は、
40年超にわたってコンビニのビジネスモデルを創りつづけてきました。
共同配送のインフラ整備、メーカーとともに開発する商品、
上質なPB(プライベート)商品市場の開拓、セブン銀行、独自の人財育成
……挙げれば、きりがありません。

テクニック論ではそれらの真意には迫れません。
●「業観思考」(業界の常識・立場)との比較
●「客観思考」(お客様の視点・立場で考える)
がカギととらえて、鈴木氏の方法論を解きます。
お客様の心理や時代への変化がどれほど大切か見えてきます。
希代の経営者・鈴木敏文氏のすごさが理解できる本。

経営、企画、人材育成、サービス、哲学、心理学、生き方
ビジネスからプライベートまで、誰にでもあてはまる生き方。
お客様の視点・相手の立場で物事を考える客観思考を
現代の「経営の神様」が考え実践していた。
接客に大切なコミュニケーションは新しい需要を創造させます。
鈴木敏文氏の生きるために必要な術を、今後の生き方の参考になればと思います。

■目次
●1章 客観思考 vs. 業観思考
 ・客観思考1 客観思考は「嵐」を呼ぶ
 ・客観思考2 接触回数アップ ⇒ 好感度アップ ⇒ 売り上げアップ
 ・客観思考3 視線心理の理解 ⇒ お客様誘導 ⇒ 売り上げアップ
 ・客観思考4 損したくない心理
 ・客観思考5 消費者を動かす価格マジック、価格は市場を創造する
 ・客観思考6 場で価値が変わる心理
 ・客観思考7 公徳心、利他がロイヤルティを醸成する心理
 ・客観思考8 心理を読めるスタッフ育成のすごさ
 ・客観思考9 わかりやすさは心理的ハードルを低くする
●2章 大ヒットの条件 ⇒ 「生活感覚」「面白い」を見逃さず発想展開
●3章 琴線を読めれば、人財育成はむずかしくない
●4章 ジョブズを超える天才「鈴木敏文」になる方法
■著者 伊敷豊
1963年、沖縄県生まれ。オンリーワンマーケティング代表。マーケティングコンサルタント。ショッピングセンター、ファッション、観光土産、レストラン、ファストフードチェーン、食品メーカーなどのさまざまな現場で企画開発にたずさわり、2002年にマーケティングコンサルタントとして独立。結果が出せる企業経営革新に取り組み、指導先の業種業態は小売り、飲食店、サービス、メーカーなど多岐にわたる。 1999年、独自性のある企業を取材した『沖縄のオンリーワン企業』を企画・出版。2006年に『沖縄に学ぶ成功の法則』を、2014年に『サムソンに学ぶな』を上梓。2009年に、日本経済新聞公式ブログ「伊敷豊の超わかりやすいニュース解説」を執筆。琉球放送「2009年沖縄の産業まつり」解説。日経セミナー講師など講演・セミナー多数。
このページのト


★『鈴木敏文がやっている「お客様心理」の読み方: ―――セブンイレブンがなぜダントツなのか理由がわかる本』著者伊敷豊(こう書房)キンドル電子書籍
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01AV06RGE

★アマゾン
http://www.amazon.co.jp/dp/4769611463


―――■ 株式会社クリエイターズギルド キンドル電子書籍3月 売れ筋ベスト3 ■―――
1位■ 余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか 著者渡邉哲也http://amzn.to/1MipLjA
2位■ 暮らしに活かせるメンタリズム マジックの心理術で人を操る裏ワザ203本! 著者 鉄人社編集部 http://amzn.to/1T3ssyH
3位■ デキる人の敬語の正しい使い方 ――――「あなたは、何のために敬語を使うの?」著者:半谷進彦 http://amzn.to/1OI6CNQ

f:id:bookebook:20160408205524j:plain