ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

『「不思議な会社」に不思議なんてない―――建設業をサービス業に変えて急成長!』著者荒木恭司が、キンドル電子書籍ストアにてリリース

『「不思議な会社」に不思議なんてない―――建設業をサービス業に変えて急成長!』著者荒木恭司が、キンドル電子書籍ストアにてリリース

 

f:id:bookebook:20160715170647j:plain

■『「不思議な会社」に不思議なんてない―――建設業をサービス業に変えて急成長!』著者荒木恭司
キンドル電子書籍ストア https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01HITRGGG
・アマゾン書籍ストア   https://www.amazon.co.jp/dp/4860638883

 

●社員が辞めない。出産育児後100%復帰。
●ほぼ全員参加の社員旅行、本気の大運動会。
●水・金曜日、そして月曜日もノー残業デー……。

不況業種のローカル企業が、建設業をサービス業に変えて急成長!

「所得、人口ともに島根県鳥取県は全国最下位エリアです。
島根電工グループはこの二県を主に営業エリアにしています。
しかも島根電工の業種は建設業という不況業種です。
公共事業はどんどん減り、とてもではありませんが、元気になりようがない会社といってもいいでしょう。
そんな会社が、毎年のように業績を伸ばしているとしたら、はたして信じていただけるでしょうか。

よく周りから言われます。
「不思議な会社ですね」と。
(はじめに より)」

島根県松江市に本社を構える島根電工グループは右肩あがりの成長を続け、155億円を売り上げる。
「必然の不思議」の秘密を、そのトップが自ら語る。

■目次

●はじめに● 県民所得ブービー県で営業する会社が、こんなに元気なのはなぜか。
~できっこないことが現実になる~

●第1章 期待を超える感動を
・小口工事の7割が5万円以下。「おたすけ隊」で年間70億円!
・設備工事屋ではない。我々は顧客に快適な環境を提供するサービス業。
・お客さまさえ気づかないニーズの掘り起こしが「期待を超える感動」に。
・感動すれば、お客さまは少しぐらい高くても喜んで選ぶ。
・クレームの95%は届かない。「お客さまを恋人と思う」姿勢が大切。
・リピート90パーセントを支えるにはマナー教育の徹底を。
・独自開発「サットくん」。お客さまの要望に即座に対応。
・施工者にも営業を。仕事の幅が広がる喜びが、若い社員を成長させる。
・お客さまの「ありがとう」が社員の喜び。感動はやがて感謝に。

●第2章 「お客さまが感動させる」社員を育てる
・仕組みがあっても文化がなければ成功しない。
・「ヒットをたくさん打つ人間を育てる」監督をつくる。
・研修にかけるお金は絶対に惜しまない。人間は一生勉強。
・部下を研修に行かせないと恥ずかしい……。そういう文化をつくった。
・後ずさりする山はない。山に登りたかったら、自ら近づいて登っていく。
・「部下をもつのは面倒くさい」は大間違い。「研修」で管理職は変わる。
・モチベーションアップ! 技能コンクールに挑戦! 全国1位!
・全社員が営業マン。お客さまへの感謝の気持ちを忘れさせない。

●第3章 変化に即応した会社だけが生き残る
・電気は嫌いだった。それなのに電気工事会社に就職したわけ。
・その結果、5年間、平社員。今に見ていろ。30歳で追いついた。
・苦肉の策。“他力"を使って売上三億円の事務所を二四億に。
・変わらなければ生き残れない。ダーウィンの進化論と同じ理屈。
・おたすけ隊のテレビCMでようやく小口工事の事業が軌道に。
・行動のコストダウン「サットくん」。在庫も7割削減に成功。
・改革のスピリットは創立以来、受け継がれたDNAがあってこそ。

●第4章 やはり一番大切なのは「社員」
・顧客第一主義だけど社員が一番、お客さまは三番。
・雇用創出が地域貢献に。持ち株会は社員のためにある。
・鳴かないホトトギスがいてもいい。人には持ち味がある。
・性相近し、習い相遠し。どう伸びるかは環境次第!
・悩みが多い新入社員。先輩が面倒をみるBB制度で驚きの離職率1%。
・若い社員はご家族と一緒になって育てたい。
・家族主義の象徴。総出で盛り上がる“本気の"大運動会。
・表彰は年3回。社員旅行は自発的にほぼ全員参加。
・残業しなくていいよう給料に胸の張れる会社にしたい。
・リストラする経営者は最悪。社員のクビを切るから会社が傾く
・前年比? みんなが無理なく生活できるだけの利益が出れば十分。

●第5章 島根から全国に元気を!
・自信をもって息子に事業を継がせてほしい。
・腐った肉を食べていては、いつまでたっても魅力ある業界にならない。
・成功確率が4割でも挑戦。お客さまのためになると確信がもてるなら。
・一対一の戦いで勝負! 弱者でも大手に勝てるランチェスター経営を実践。
・「どうやったら成功しますか」「それはあなたがやめることです」
・もうけるためのフランチャイズではない。仕組みと文化を全国に届ける。
・山陰だけは守る。ノウハウを教えてもライバルにはならない
・後継者育成と高齢者雇用。一挙両得で会社の財産!
・「大口工事を取ってくる営業がスター」という文化を変えたかった。

●おわりに
・会社の未来は、これからの人たちに託したい。

■著者 荒木恭司
出版社からのコメント
営業エリアは所得・人口ともに最下位エリアの山陰。業種は建設業という不況型産業。
それにも拘わらず躍進を続ける島根電工。地場は山陰のみとし、業界活性化を目的としてフランチャイズを全国展開。
社員教育を徹底する会社、ひたすら「お客さまのために」と自発的に考えて行動(考動)する社員。そしてその社員に感動するお客さま。
そこには「社員(とその家族)」「取引先社員(とその家族)」「お客さま」「地域」「株主」間のスパイラルが見事に好循環しているのです。
いまやパナソニック東芝などナショナルカンパニーからも注目される同社代表取締役社長を務める荒木恭司氏の初の著作


■『「不思議な会社」に不思議なんてない―――建設業をサービス業に変えて急成長!』著者荒木恭司
キンドル電子書籍ストア https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B01HITRGGG
・アマゾン書籍ストア   https://www.amazon.co.jp/dp/4860638883

 


■□■□■□ あさ出版 キンドル電子書籍 6月売れ筋ランキング □■□■□■
■1位 まんがで身につく 続ける技術 著者石田淳、まんが臼土きね
http://amzn.to/1XfO2jW
■2位 まんがで身につく 孫子の兵法(Business ComicSeries) 
著者 長尾 一洋 まんが 久米 礼華
http://amzn.to/1NyPWUj
■3位 まんがで身につくPDCA (Business ComicSeries)―――「その他大勢」から抜け出すために
 著者原マサヒコ、 まんが兼島信哉
http://amzn.to/1TveSmh
■4位 2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門 著者小泉耕二
http://amzn.to/1TO3Ojf
■5位 気にしない技術 ~まんがで読み解く般若心経入門~
http://amzn.to/287JH7s


■□■□■□ あさ出版 newニュース □■□■□■
7/6 【あさパブ】『「ネイティブ思考」英語勉強法』が東洋経済オンライン&Yahooニュースで取り上げられました!http://toyokeizai.net/articles/-/125855
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160706-00125855-toyo-bus_all
7/6 【あさパブ】agoraに『頑張らない英文法』西澤ロイ先生のインタビュー記事が掲載されました! http://agora-web.jp/archives/2020131.html
7/1 【書店さんありがとう】有隣堂グランデュオ蒲田店さんで『聞くだけで脳が目覚めるCDブック』(山岡尚樹著)がビジネス1位!!
7/1 【あさチェック】『まんがでできる営業の見える化』(長尾一洋著)が楽天ブックスビジネス4位にランクイン!
7/1 【あさパブ】本日の四国新聞タブロイド紙で『「男の色気」のつくり方』(潮凪洋介著)が紹介になりました!
7/1 【あさパブ】本日の中国新聞で『聞くだけで脳が目覚めるCDブック』(山岡尚樹著)が紹介になりました!