ブックブック! 書籍を読んで知らない世界を旅しよう♪

日常に潤いを。 書籍を読んで非現実を旅しよう

知れば知るほどドラマティック日本史『時間を忘れるほど面白い日本史《伝説》になった100人』著者富増章成が、キンドル電子書籍で配信開始

『時間を忘れるほど面白い日本史《伝説》になった100人』著者富増章成が、1月19日にキンドル電子書籍で配信開始

 

f:id:bookebook:20160928160757j:plain

 

 

■『時間を忘れるほど面白い日本史《伝説》になった100人』著者富増章成

http://www.mikasabooks.jp/c/pc/item/detail.html?c=100680200

 

驚きのエピソードが満載、
知れば知るほどドラマティック!

本書は、日本史上の《伝説(レジェンド)》と
呼ぶにふさわしい人物を百人ピックアップし、
その偉業、驚きのエピソードをたっぷり紹介した。
武将、政治家、芸術家など「歴史の王道を歩いた人物」から、
怪しくも魅力的な「暗躍者」まで、その顔ぶれは多彩。
「そんな逸話、知らなかった!」
「なぜ、あの人が入っていないの?」
と、日本史の《人間ドラマ》をご堪能いただきたい。
……富増章成

この「知略、発想、人間力」は、
いったい、どこから生まれたのか?
◇「倭国大乱」を収めた“最強のシャーマン女王”
◇“弾丸の数”まで読み切った「幕末最強の軍師」
◇「還都」を企てた“平安時代の劇薬女”
日露戦争で暗躍した“和製007”とは?
◇2度の恐慌から日本を救った「ダルマ大臣」

 

[著者紹介]
富増章成(とます・あきなり)
河合塾日本史講師。学びエイド鉄人講師。その他、大手予備校で倫理の講師を担当。中央大学文学部哲学科を卒業後、上智大学神学部に学ぶ。
日本史のわかりにくいところを、身近な言葉やユニークなたとえを使って、楽しみながら理解できるよう解説する授業は、「日本史への苦手意識がなくなった」「面白さに気づけた」と、多くの受講生から支持を得ている。
著書に『ざっくりわかる日本史の授業』 『眠れないほどおもしろい哲学の本』(以上、三笠書房《王様文庫》)、『どこから覚えていいかわからない人のための日本史のオキテ55』(中経出版)、『トマスの日本史-1000ダケヨ』(聖文新社)、『「地下鉄」で読み解く江戸・東京』(PHP研究所)、『超訳 哲学者図鑑』(かんき出版)などがある。

 

 

■『時間を忘れるほど面白い日本史《伝説》になった100人』著者富増章成

http://www.mikasabooks.jp/c/pc/item/detail.html?c=100680200

 

 

 

 

■□■□■□■□■□■□  三笠書房 気になるニュース  □■□■□■□■□■□

2/2 『効く!「脳トレ」ブック』(朝田隆)が2月1日のBS日テレ『深層NEWS』で紹介されました。http://www.bs4.jp/shinsou/onair/849-853.html#n851

2/2 『あなたの人生を変える睡眠の法則』著者の菅原洋平さん最新刊書き下ろし『「寝たりない」がなくなる本』が紹介されています。 https://citrus-net.jp/article/17236

2/1 『見違えるほど美人になるセルフエステ』著者の出口アヤ先生がブックス平忽 徳島店さんでイベントを行います。 https://www.facebook.com/events/236092710176288/

2/1 『華僑の大富豪が教えてくれた「中国古典」勝者のずるい戦略』(大城太)が日経ビジネスさんで紹介されています。

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/16/022500005/013000025/?n_cid=nbpnbo_twbn

1/31 30日の日テレプラス荒川静香 Friends+α 2016-17」のゲスト宮原知子さんが愛読していると紹介された『超訳 孫子の兵法「最後に勝つ人」の絶対ルール』(田口佳史)http://amzn.to/2jwvv2A 「これだけは」知っておきたい、「孫子の兵法」の“成功法則”!